☆レフアの旅散歩パラダイス☆美麗発見!

海外旅行記、都内ぶらり散歩、旅関連情報など、写真で旅するブログです。たまに日々のことも書いています。

スポンサー リンク

【わくわく香港】マカオ・フェリーターミナルからセナド広場☆クリスマスも

こんばんは~!お散歩大好きレフアです(*^ω^)

【わくわく香港】マカオへプチトリップの続きです。
前回の香港の記事は
香港からマカオからプチトリップ☆フェリーで行く方法でした↓

www.lehuaparadise.tokyo


香港島の上環からマカオ行き(マカオ半島)のフェリー、ターボジェットに乗船し
マカオへは約60分で到着しました!


以前乗船した時はフェリー内が冷蔵庫のように寒くて凍えましたが

今回はそれほど寒くなかったので助かりました(°▽°)

スポンサーリンク


フェリーターミナルからセナド広場へ


まずはフェリーターミナル内にあるツーリストセンターへ。

そこでマカオの市内マップをいただけます。


そして案内所の方に、公共のバスに乗っり
フェリーターミナルからセナド広場への行き方を教わりました。


マカオのバスはバス停ごとに番号がついています。

  • フェリーターミナル(外港碼頭)はM239
  • セナド広場に一番近いバス停(新馬路/永亨)はM134 

☆バス料金6パダカ 結構安いです。


マカオパダカへは両替していなかったのでまずは両替をします。

探してみると両替所が見当たらず、案内所で尋ねると、
「フェリーターミナル内に両替所はないので
売店で何か購入して両替してください」とのこと。

売店で香港ドルを支払って約3パダカのドリンクを購入し
バス代を確保することができました。


バス乗り場はすぐにわかり乗車しましたが
下車するバス停はやはりわかりづらかったです。

しかしセナド広場付近の建物が見えてきて、
乗客も沢山降りたのでそこで下車するとセナド広場でした!


ちゃんと来られて良かった~( =^ω^)


目的地付近の停車するバス停や行き先がわかってる場合は利用しやすいですが
そうでない場合は乗りこなしがちょっと難しいように感じました。

セナド広場

マカオ半島の街の中心、観光の拠点となる広場で
付近には数多くの世界遺産が点在しています。


広場の中央には噴水があり、この広場を囲むようにコロニアルな建物が建ち並んでいます。



f:id:lehuaparadise:20190203150842j:plain

セナド広場


地面の波模様が素敵ですよね!

広場には白とグレーの波模様の石畳が敷き詰められていて
パステル色の多い広場付近の建物にとてもマッチしていました。

この石畳(カルサーダスと呼ばれている)はポルトガルの熟練工の手によるものだそうです。

異国情緒をも醸し出していましたよ~



f:id:lehuaparadise:20190203150836j:plain


f:id:lehuaparadise:20190203151153j:plain


f:id:lehuaparadise:20190203151503j:plain


f:id:lehuaparadise:20190203150920j:plain

クリスマスムードも満点。


f:id:lehuaparadise:20190203151203j:plain

透かし模様のようなデザインが目を引く
クリスマスツリーですね!


f:id:lehuaparadise:20190203151232j:plain


f:id:lehuaparadise:20190203151239j:plain


華やかで可愛らしい
クリスマスデコレーション🎄🎅

でもどことなく中国風の感じがしますが~


仁慈堂

f:id:lehuaparadise:20190203151751j:plain

仁慈堂


1569年に初代マカオ司教によって設立された施設で、祖国ポルトガルで最も著名かつ古い慈善団体の建物をモデルに建立されました。マカオで最初の西洋式病院と今でも運営されている慈善福祉施設の創設に深く関わりました。建物は新古典様式ですが、マヌエル様式の影響もうかがえます。
[出典・マカオ観光局公式HP http://jp.macaotourism.gov.mo/sightseeing/sightseeing.
広告

jp.macaotourism.gov.mo



f:id:lehuaparadise:20190203214445j:plain




f:id:lehuaparadise:20190203151815j:plain

パステルカラーが美しい
ポルトガル風の建物が並んでいます。


聖ドミニコ教会

f:id:lehuaparadise:20190203151839j:plain

聖ドミニコ教会


1587年、メキシコのアカプルコから来た3人のドミニコ会スペイン人修道士によって建てられた教会で、ロザリオの聖母が祀られています。
1822年9月12日、ここで中国初のポルトガル語の新聞「A Abelha da China (「The China Bee」)」が発刊されました。
かつて建物の裏手にあった鐘楼は、小さな宗教芸術の博物館として改築され、現在は約300点の宗教的装飾品などを展示しています。
[出典・マカオ観光局公式HP http://jp.macaotourism.gov.mo/sightseeing/sightseeing.




今回のマカオへのプチトリップではタイパ島のホテル見物が一番の目的でしたが

セナド広場へでクリスマス見物、聖ドミニコ教会の中も見学できて良かったです。



【わくわく香港】シリーズの記事紹介です!


尖沙咀散歩☆I SQUAREのクリスマス↓

www.lehuaparadise.tokyo


バスでビクトリア・ピークへ向かうには↓

www.lehuaparadise.tokyo


100万ドルの夜景は美しい☆ビクトリア・ピークから↓

www.lehuaparadise.tokyo



最後までお読みいただき
ありがとうございました(ू•᎑•ू❁)


ブログランキングに参加しています。

参考になった!良かった!と思われた方は
宜しければ応援お願いします( =^ω^)

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村


海外旅行(アジア)ランキング
スポンサードリンク