☆レフアの旅散歩パラダイス☆美麗発見!

海外旅行記、都内ぶらり散歩、旅関連情報など、写真で旅するブログです。たまに日々のことも書いています。

スポンサーリンク

【大連フォトアート】&旅のエピソード

こんにちは。

お散歩大好きレフアです。


数年前に旅行した中国・大連の

写真をアートしてみました。


姉妹ブログ

レフアの☆旅写真アートギャラリー☆へも写真は投稿予定ですが、

大連旅行のエピソードも書いてみようと思い、

本家ブログでも更新することにしました。



レフアの☆旅写真アートギャラリー☆

lehuaart.hateblo.jp




大連フォトアート


f:id:lehuaparadise:20190317003622j:plain
友誼広場付近



大連とは?


大連は僚寧半島南端に位置する近代的な港湾都市。

日本やその他外国から製造業やIT企業が多く進出しており、工業都市でもあります。

大連の名前の由来は、ロシアが1988年に租借した際に、ロシア後で遠い所を意味する「ダリニー」と名付けられたと言われています。

(1904~05年)日露戦争後、日本の租借地となった時に大連と改名されました。


goo.gl


大連での観光と体験

大連では中山広場、大連港、

ロシア人街、旅順などを見物しました。


街は広々とし、ロシア風の街並みや

建物がとても奇麗で、見所は沢山ありました。

物価も安くて楽しかったのです!





しかし、、、






日本へ帰国して成田へ戻った日の夜中、、、







な、な、なんと








娘と二人でいきなり発熱と腹痛




Σ(゚Д゚)Σ(゚Д゚)Σ(゚Д゚)





何とか帰宅して病院へ行ったところ








実は食中毒だったのです!!!

これにはちょっと、ビックリ!!!






f:id:lehuaparadise:20190317225406j:plain:w120
f:id:lehuaparadise:20190317225428j:plain:w120
f:id:lehuaparadise:20190317225443j:plain:w120
f:id:lehuaparadise:20190317225449j:plain:w120
f:id:lehuaparadise:20190317225436j:plain:w120
ホテルのディナーで食べた物。
携帯で撮ったのか画質が悪くて(^_^;)
写真を見るとフルーツも結構食べていました。
生物たくさん危険ですね~!



中国へ旅行すると

食中毒にかかることが多いとは聞いていましたが、

まさか自分達がそうなるとは

全く予想していなかったので、

本当に驚きました!



大連の街中の食堂で食べるのは怖いので

飲食は宿泊したスィッシュ・ホテル(大连瑞诗酒店)
ニューワールド・ホテル大連(新世界酒店)以外で食べたりはしていません。



しかし後から考えると、

◯◯◯ワールド・ホテルでの食事が

かなり怪しかったような気がします。



ビュッフェのディナーだったのですが、

実は飲食しているのがほぼ私達だけ(^_^;)

なぜか、他の飲食客は殆ど見かけませんでした。


一方、スィッシュホテルには日本人宿泊客も多く

朝、夕食ともに結構沢山の人が食べていました。



◯◯◯ワールドホテルのレストランのビュッフェ台には

刺身やその他生のシーフードも結構置かれていました。

私達家族は生物が好きなので、

それらを結構食べてしまったのです。


しかしホテルのレストランなので、

まさか食中毒になるとは思わないですよね~!



やはり飲食客が少ないと、

同じ食べ物が何時間もそのまま放置されてしまうので

それらから、

寄生していたアニサキスなどが更に大量発生して

私達に攻撃をしかけてきたのかもしれないなぁ〜と思いました。


(それにしても、
ほぼ同じような食材を私や娘よりも沢山食べたと思われる夫が、何の症状も発症しなかったのはなぜ?(笑))



この旅行では、

日本に戻ってから食中毒が発症したのは

不幸中の幸いだったかもしれません。



もし大連旅行中に発症して病院に掛かることになっていたら

言葉の問題もありますし、

治療や薬も日本のとは違うかもしれないので

どうなっていたか?


想像しただけでもちょっと怖いですよね~!



日本にいても夏場は食中毒の懸念がありますが、

特に夏の時期の海外旅行、

また行先によっては注意が必要ですよね!



胃腸薬、風邪薬など飲みなれた薬を持参し、
現地では体調の変化に気をつけたほうが良いかもしれませんね。

また、持病をお持ちの方は診断書を持参するなど配慮されることをお薦めします。



大連見どころ

中山広場


1904年の日露戦争以降は日本の支配地となった大連。この時に造られた放射線状に並ぶ道路や大同広場が現在の中山広場。

大和ホテル(現大連賓館)などが今も残っています。


友誼広場


中山広場た勝利広場の中間あたりに位置しています。

大きなゴルフボールのようなモニュメントが設置され(実はこれ、本当はサッカーボールらしい)、夜には様様々な色にライトアップします

滞在中何度も見かけたり、ホテルの部屋からも常に見えたので、大連と聞いて思い出すのはこのゴルフボールのような目印です。


旧ロシア人街


帝政ロシアが街造りの先駆けに建造した官庁街の跡。色鮮やかなロシア風建物や土産店が並んでいます。

マトリョーシカも沢山売っていました。


大連港


中国遼寧省大連市の遼東半島の先端近くにある、中国東北部最大規模の国際貿易港。

実際に行ってみましたが、かなり巨大な港でした。


旅順


中国僚寧省、大連市に位置する。僚寧半島最西部(突端部)にあり、天然の良港として知られています。かつては軍港都市でした。国家級風景名勝区に指定されています。


(旅順駅)


f:id:lehuaparadise:20190317160451j:plain:w240
旅順駅 数年前


旅順駅は、中国大連市旅順口区にある旅順支線の終着駅。1903年開業、瀋陽鉄路局の管轄する2等駅で旅順軍港のすぐそばにあり、ロシア風の木造建築の駅である。 旅客列車は大連駅より1往復のみである。
[引用 wikipedia]




海星広場


遊園地や海水浴場もある巨大広場。

コンクリートの波型の大きなモニュメントがあり、その上に乗ると遠くまで景色を見渡せます。


圣亚海洋世界(水族館)


海星広場にある水族館。かなり規模が大きく、見がいがありました。

アシカやイルカのショーも行われています。



大連旅行まとめ


大連は歴史的建造物が多く

異国情緒的溢れる町並みの見物など

観光的にはとても良かったです。


近年、大連は発展目覚ましく、

街中が整備されて綺麗になり

新しいショッピングセンターなども沢山建設されているようです。



街中は衛生的にはそれほど問題はないと思いますが、

夏場に大連へ旅行する際には

特に飲食には注意を払おうと思います。
(この旅行は8月)



大連は金(GOLD)が当時とても安く、

買って帰りたいと思いながら

買わずに帰国してしまって、

今でも残念に思っています。



なので、食中毒は怖いよ〜(゚д゚)


と思いながらも、いつかまた大連へ旅行して

金を購入してみたいと思っているレフアさんなのでした。




記事をご紹介します



【わくわく香港】美心で海鮮鍋☆目から鱗の美味しさ

www.lehuaparadise.tokyo



【わくわく香港】フランスのエスプリ♪ザ・パリジャン・マカオ

www.lehuaparadise.tokyo



【わくわく香港】旺角はパワー溢れる街!夕食は海鮮鍋&ハーゲンダッツ

www.lehuaparadise.tokyo


最後までお読みいただきありがとうございました。


ランキングに参加しています。

参考になった!行ってみたいなぁ~!

と思われた方は是非応援をお願いします( ^ω^)

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


海外旅行(アジア)ランキング