☆レフアの旅散歩パラダイス☆美麗発見!

海外旅行記、都内ぶらり散歩、旅関連情報など、写真で旅するブログです。たまに日々のことも書いています。

スポンサーリンク

上海浦東国際空港の入国審査と上海市内への移動☆地下鉄は安くて便利

f:id:lehuaparadise:20190614200019j:plain
今日は上海浦東国際空港の入国審査と空港から上海市内への移動について書いていきます。

スポンサーリンク

目次

🚃空港で指紋登録及び入国審査

🔸指紋登録


空港到着後、入国審査ブースの手前に指紋登録の機械が備えられていたので、

まずそちらへ立ち寄りました。



あまり人が並んでいなかったので、ここでは登録しなくていいのかも?

と思ったりもしたのですが、念の為に立ち寄ってみました。


何回か指紋登録を試すも機械の反応が最悪、

登録される気配はない!
(自分の手が乾いている可能性は否定できないのだが)


係員の方がやって来て指紋登録のパネルを拭いてくれました。

その後何回か試してやっと登録され、登録完了を通知する用紙

(中国語なので分かりませんが恐らくは)が出てきました。



オットのほうも機械のが悪く、完了していなかったようです。

最も本人は完了したと思い込んでいたようですが、完了通知の用紙は受け取っていなかったのです。


そこで再度係員を呼びつけて登録を手伝ってもらい、

やっと完了させることができました。

ホント、いい加減迷惑な機械ですね~!


このあと、入国審査へと移動しました。

スポンサーリンク


🔸入国審査


諮問登録でかなり苦労したのに、

そのあとの入国審査でも再度指紋登録が必要でした。

ここでもまた一苦労です。

何回か指紋登録を試したがやはり登録される気配がない!


「にいちゃん、ちょっと!」


近くにいた係員を手招きしてパネルを拭いてもらったりして、

やっとここでも登録を完了させることができました。


あーもうやだぁーーー!


時間と手間がかかって、

もしこのまま永久に登録できなかったらどうするんだろう?

ちょっとヒヤヒヤなレフアさんでした(;´Д`)


入国審査はそれだけでトラブルもなく終了したのですが

受け取ったスーツケースや手荷物は、
出国ロビーへ出る前に手荷物検査がありました。


こちらは専用の機械に載せて通過させ、

荷物を検査を受けます。


まあ、こちらも何とか無事に終わったのでホッとしましたよ。



それでは上海市内への移動しましょう!

🚃上海浦東国際空港から上海市内への行き方


到着した上海浦東国際空港上海市内への行き方は

バス、地下鉄、タクシーなど何通りかの方法が考えられます。


🔸 リニアモーターカー


・リニアモーターカー(上海磁浮:Maglev)は最高速430キロ

・上海浦東国際空港→龍陽路駅まで約30キロの距離を
最短約7分から8分で走行

・リニアモーターカーの運行時間は
午前8時から午後21:00頃まで


6年ぐらい前に上海へ来てこのリニアモーターカーに乗った時、

確かに430キロ出ていました。

当時ソニーのカメラが付いた携帯電話を持っていて、

車内のスピード表示撮影してとても感激した記憶があひます(笑)

🔸エアポートバス


上海空港と上海駅、上海虹橋空港結部バス

・運行時間は午前7時か~8時頃から23:時頃まで。

・料金 タクシーの約10分の1

🔸シャトルバス


上海空港→上海市内の5つ星ホテル間の送迎を行っています。

・空港の6~9番出口を出て、
道路を渡った前あたりから乗車

・料金 エアポートバスと同じか少し高い

・送迎先が宿泊しているホテルなら便利。
それ以外のホテルの場合はそのあと自分で移動も。

🔸ホテルの空港送迎サービス利用


各ホテルが独自に空港送迎サービスを行っている場合もあります。

それについては各ホテルのHPなどで事前にご確認ください。

もし送迎が必要な場合はメールや電話で

到着前ご予約されることをお薦めします。

🔸タクシー


・到着出口近く 15番出口の前から乗車

・市内中心まで約50分

・スーツケースや大きな荷物がある場合にはとても便利。しかし料金は高く、

バスとタクシーの料金を比較するとタクシーは約10倍

・渋滞に巻き込まれる可能性がある

🔸地下鉄での移動と利用方法


地下鉄を利用して空港から市内へ移動するのは最も料金が安く、

時間的にも正確なのではないかと思います。


今回の上海旅行では地下鉄を利用して空港から市内へ移動しました。


上海東浦国際空港→広蘭路駅

そこで向かい側の電車へ乗り換え 時間帯により、唐鎮駅の場合も。


空港→広蘭路駅まで約15分

広蘭路駅→南京東路や人民広場まで
およそ30分から40分前後

・6:00から深夜24:00頃まで運行(改定の場合あり、
詳しくは上海軌道交通局のHPなどご確認ください)

・6番、9番出口出てすぐに地下鉄乗り場の入口がある。


上記の入口はかなり混雑していたので、右側にある通路を通って200メートルぐらい歩き、

少し離れた所にある別の入口から入場しました。


通路を真っ直ぐ行くと突き当たるので、

そこを左へ曲がると直ぐに切符売り場、その先が乗り場です。


事前に調べた情報ではチャージ式のカードが購入できるとのことでしたが、

駅でもコンビニでも購入はできませんでした。


駅にある有人のカウンターのみチャージ式のカードが

購入可能なのかもしれませんね。


上海交通カードや1日券、3日券で出場する合は、

入った時と同じようにタッチパネルに当てれば通貨できます。

しかし、使い切りの1回券は乗車ごとの回収のため、

改札手前にある挿入口にカードを入れてから通過しましょう。
(日本の改札で切符や磁気定期を投入する感じ)

🚃 地下鉄入口でも手荷物検査


日本の地下鉄と大きく異なる点としては、改札前の荷物検査が挙げられます。


買い物袋や小さなポシェット型のバッグ程度ならそのまま通過可能なようでしたが、

女性が普通に持つようなサイズのトートバッグやビジネスバッグは、

地元の方も皆さん荷物検査機を通過させていました。


スーツケースのような大きな荷物は勿論対象となるため、

係員の指示に従って、検査機に荷物を通す必要があります。


やっと乗り込んだ地下鉄の車内は衛生的で結構綺麗で快適でした。


f:id:lehuaparadise:20190614200029j:plain
[画像引用先 上海軌道交通局]

🚃地下鉄・南京東路駅からホテルへ


地下鉄での移動はスーツケースを持っているとちょっと大変でしたが、

空港から宿泊していたホテルのある南京東路までの行き方は比較的簡単でした。

駅からホテルまでは徒歩10分ぐらいと少し遠かったのですが、

わかりやすい場所に建っていたので、迷ったりすることはなかったです。

香港製のSIMカードをスマホに差し替えていたので、

google mapも表示され、それを活用できたのが良かったですね~


浦東国際空港から上海市内への移動は、

なんと言っても地下鉄が安くて便利でした。


ところで余談になりますが、前回、約6年ほど前に上海へ旅行した時

空港や地下鉄でのスーツケース及び

手荷物の検査は全くありませんでした。

やはりその当時より上海はグローバル化が進んだことや、

近隣諸国との関係、世界的にテロが多発していることなどから、

治安維持のために手荷物検査の必要性に迫られたのかもしれませんね。

🚃マカオ旅行の記事をご紹介します!


夏の旅行先に如何でしょう?

暑くてもあまり外に出ないでホテルの中で遊んだりできますし、

ホテルを巡って無料のショー見物

なんていうのも楽しそうですよね~!


www.lehuaparadise.tokyo


www.lehuaparadise.tokyo


www.lehuaparadise.tokyo

スポンサーリンク


それでは今日はこの辺で。
皆様、良い週末をお過ごしくださいね!


いつもご訪問いただきありがとうございます。

再度ブログ村、Blog ranking登録しました。
宜しければ応援をお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


アジアランキング